<< カテゴリー調査(登録その3) | main | ランキング上位でなくても、得られるメリット >>

スポンサーサイト

  • 2014.05.04 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


調査数字の意味(登録その4)

JUGEMテーマ:インターネット

前回は、

わたしの新ブログ、

ブログでつくる「小さなお店」体験記」のケースをもとに、

カテゴリーの数字を調べてみました。

 

今回は、調べた数字の意味について、お書きします。

 

「カテゴリーに登録しているブログの数」は、

次の2つの意味で、考えております。

 

1つは、

ひとが関心を持つ分野。

 

これは、記事のテーマやキーワードを

選ぶ際に、ヒントになる要素です。

 

もう1つの意味は、

コミュニティの規模といいますか。。。

 

わたしは、

交流を重視しておりますのでぇ、

人の数が多い分野のほうが、

都合がいいのでございまする。

 

次の数字、ページランクは、

このページからのリンクも、

被リンクになりますので、

高いほうがいいわけでございまする。

 

人気ブログランキングの場合、

ほとんどのカテゴリーで、

1ページめのページランクは4になっているようです。

 

次の数字、

先の数字は「週間INポイント」

つまり、ブログに投票してくれたポイントです。

 

後の数字は「週間OUTポイント」

これは、人気ブログランキングから、

ブログへ流れたアクセス数を表しております。

 

以前の記事で、

1位が圧倒的に有利だ…とお書きしましたのは、

調査の結果を見ていただければ、

ご納得いただけるかと思います。

 

おしなべて、

INポイントに対するOUTポイントの割合が、

1位だけ、特別に高くなっております。

 

「人気ブログランキング」を、

わたしの候補カテの範囲で考えてみますと、

 

1位がとれれば、最高なのですが、

 

少なくとも、3位ぐらいは、目標にしたいところでございまする。

 

最低でも、ベスト10。

 

厳しい見方かもしれませんが、

それよりも下では、

人気ブログランキングからのアクセスの誘導は、

難しいかもしれません。

 

 

おっと!!

 

でも、ベスト10に入れなければ、

意味がないっ!!

 

…という意味ではありませんからねぇー!!

 

誤解なさいませんように。

 

上位にランクインできなくても、

大きなメリットはあると、

トニーは考えております。

 

それにつきましては、次回☆

 

 

追記

上にお書きした「最低ベスト10」につきましては、

あくまでも、

わたしが今回候補にあげたカテの話でございまする。

 

カテによっては、

INポイントに対してOUTポイントが高めのカテもございますし、

また、人気カテゴリーではもちろん、

ベスト10よりも下でも、アクセスのとれるカテもございまする。

 

それらにつきましては、

追々、書かせていただきます。

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2014.05.04 Sunday
  • -
  • 23:06
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM